数々の卒業生実績が証明する、プロで通用する技術が最速で身に付くDTM・作曲スクール。【公式|東京DTM作曲音楽学校】

入学説明会日程

模擬授業」と「楽曲指導」がメインの
参加するだけでスキルアップする名物入学説明会!

 

学校開催!7/16(土)13時〜16時|残席少

学校開催!7/16(土)17時〜20時|残席少

オンライン!7/17(日)14時〜18時|残席有

 

詳しくはこちら

学校通信

DTM学校 学校通信

【学校通信】第9期生がいよいよ開講しました!

2016/1/17    

  東京DTM作曲音楽学校 第9期生が開講致しました! 9期生はいつにも増してプロ率が高く、 ミュージカル等を中心としたこの道数十年のバリバリのプロ作曲家や、 パチンコ系の会社にて作曲仕事に勤しんでいた作曲家、 様々な管弦楽の現場で活躍するプロの写譜屋さんに至るまで、 「音楽で喰う」ことを既に体現できている方達だけでなく、 既にかなりの線まで到達している自作曲を持つ生徒達ばかりとなり、 かなりレベルの高い期生となっております!       早速第1回目の授業から、 問答無用に校長に浴びせ掛けられる質問の嵐! これまで培ってきたレベルの高さは こうした貪欲な学習意欲が土台にあるからこそであり、 半年後は一体どんな成長を遂げているのかとても楽しみです!       授業終了後も早速オンラインコミュニティ上にて、 各々の音楽嗜好をかなりの長文で語り合ったり、 通常1回目の授業後だとまだ控えめになりがちな 生徒同士のコミュニケーションも盛んにやり取りがあったりと、 ここでも彼らが持つ温度やポテンシャルの高さを痛感させられます!       1回目の授業ながら仕事の都合により数名が欠席となりましたが、 オンライン配信する授業を録画してストリーミング配信するアーカイブ受講制度により、 リアルタイムで受講できなくともオンラインコミュニティの質問掲示板と掛け合わせることで、 通学者とほぼ変わらないクオリティで全授業を受講できる体制も、 兼業作曲家の割合がどんどん増え続けている現代のプロ作曲家の世界を見据えた 時代にアジャストしたシステムといえます。       ということで9期生の皆さん、 これから6ヶ月間音楽漬けの毎日で 目標まで最短で辿り着けるよう頑張っていきましょう!   東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】第9期生説明会シーズンもいよいよ佳境です!

2016/1/12    ,

  東京DTM作曲音楽学校 第9期生入学説明会もいよいよ後半戦! 先日の説明会には大勢の方が参加して下さいました! (追記:大変申し訳ありませんが第9期生はほぼ満席となっており、ご入学をお考えの方はお早めに願書提出をお願い致します)       今回は殆ど全ての方が自作曲を持参、 音楽を仕事にしている方も多数ということで、 とてもハイレベルな説明会となりました! どのようにすればエネルギー量が最大なサビ感が得られるのか、 ストーリー性を持ったコード進行にするためにはどうすべきか、 売り物として通用するレベルの音色作りの基礎概念とはどういったものか、 ほんの少し工夫するだけで見違えるようになった楽曲も多く、 その他参加者の皆さんがいま一番聞きたい実践的内容で満ち溢れた時間で、 時間はあっという間に深夜3時に・・・。(スタートは前日17時です)       ちなみにその1回前の説明会では、 参加者の楽曲に対してその場で各パートを プロが実際レコーディングスタジオで使う機材でレコーディングし、 宅録用の機材とは具体的にどう音が変わり、 自作曲にどういった影響を及ぼすのかということを 実体験してもらいました。     録り音が「太い」というのはどういうことなのか、 何故アナログコンプで掛け録りする必要があるのか、 NEVEのHAはどうして未だに支持され続けているのか、 一般的なDTMerなら言葉としては知っているかもしれない情報ですが、 レコーディングの過程の中で実体験することによって、 ただの知識から確信的な経験に変わり、 今後の作曲活動に大きな利点をもらたすこととなります。 音質だけでなくその波形の整い方にも一同驚きを隠せないようでした! そしてこちらの回も深夜、というか明け方まで授業は続き・・・。       終電も当然ないわけで、       結果全ての説明会でこういうことになってしまいました! ついさっきまで全員他人だったにも関わらず、 音楽という共通のテーマのお陰で物凄く盛り上がります! そのマインドは卒業生、在校生にも脈々と流れており、 こうした繋がりの中から新しい音楽が日々生まれています。       ということで説明会も残すところ最後の1回! 1/14(木)19時~ となっております! 9期生も既にハイレベルな生徒達が勢揃いしており、 こうした環境は授業の熱気や各々のモチベーションにも直結しますので、 今期もとても開講が楽しみな期生となりました! ご予約は説明会ページからどうぞ!       東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】ストリングスレコーディング本番がDTMステーションさんの記事で取り上げられました!

2015/12/29    ,

  東京DTM作曲音楽学校の授業企画の1つである「至上最強のストリングスアレンジ講座」の、 第2回目授業である大規模レコーディングスタジオでの生徒楽曲によるストリングスレコーディングが、 国内随一のDTMライターとして知らない人はいないであろう藤本健さんが運営される DTMステーション内にて取り上げられました! 「DTMで作曲し、プロに演奏してもらう、専門学校の発表会に潜入してみた」 http://www.dtmstation.com/archives/51965535.html       MIDI、DTM業界に携わってとても長い藤本さんであっても、 ストリングスレコーディング企画はとても驚きをもって迎え入れられました! 本校としてもこうしたDTM界の第一人者の方に取り上げられ、 そして大きな絶賛をいただけたことをとても喜ばしいく思います。       日々DTMerにとって有用な情報で溢れていますので、 是非DTMステーションさんの他の記事もチェックしてみてください!   東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】校長のプロデュース現場がフジTVで放映されました!

2015/12/26    ,

  去る12/20OAのフジテレビ「ミューサタ」にて、 現在校長donsukeがプロデュースを担当し 年明けにメジャーデビューする7人組アイドルグループBus Masterのコーナーがあり、 同番組1月のエンディングテーマ曲に決定した楽曲の、 レコーディング、プロデュース風景がOAされました!     7名でのレコーディングともなると、 ~3名程度までのグループのプロデュースとは様相が異なり、 現場の進行やディレクション時の発想も大幅に変えなくてはならず 状況を読みながら臨機応変な対応力やコミュ力がものを言う現場となりました。       なおこうした現場仕事の場合では 曲作りを頑張っている生徒をアシスタントとして起用し、 今後の作曲活動の糧にしてもらうべく貴重な本物の現場を通して プロに必要な要素を直接感じ取ってもらっています。     こうしたケアもレッスンプロで構成された通常の学校には実現不可能であり 本気で後進の育成を考えているからこそ成せる業と言えます。       校長は同時に何本も案件を抱えておりますので、 他の現場でもアシスタントとして生徒、卒業生が同行していてます。 是非こうした貴重な機会を活用し大きな成果に繋げていっていただきたく思います!       東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】7期生ストリングス第1回目授業が開催されました!

  至上最強のストリングスアレンジ講座 第7期生の1回目授業が開催されました! 第7期生カリキュラムも残す大型企画はストリングスのみとなり、 今回も向井・根来両講師の熱血指導は夕方から深夜まで続いたのでした!       DTMで特に悩みが尽きない生楽器の自然でリアルな打ち込み技術。 それには実際の生演奏と生録音のサウンドや奏法を体感し深く掘り下げ、 DTM音源で到達できる部分とできない部分を具体的に把握することで 音源で頑張れる部分はDTMテクニックを駆使して音源で何とかし、 DTMテクニックだけではどうにも出来ない部分は演奏家に頼むか 音源の音色で自然に聞こえるフレーズに変更する(とても重要)ことで、 結果DTM音源の長所を最大限生かした打ち込みができるようになり、 楽曲そのもののレベルが底上げされることとなります。       当然世の中にはいち個人が演奏できない楽器のほうが圧倒的に多いわけですから、 このストリングス講座を通してどのようなプロセスを経れば 自分が演奏できない楽器への造詣の深めつつ打ち込みに転化できるかを修得でき、 そしてどんな楽器やジャンルにおいてでも同様の方法を用いれば、 自分自身でその都度自己解決していけるようになります。       そして今回も向井・根来両講師のミニコンサートで開幕!   音源ではカットされる松脂の摩擦音や高次倍音、 プレイヤー同士の深呼吸など、 単なるデモンストレーションではなく 目と鼻の先で共鳴する弦楽器の生鳴りを聞いてもらう理由は 録音物との情報量の差を体感してもらうため。     全く同じ音符の羅列に対して様々な演奏記号を付加させて聴感上どう変わるのかを、 生演奏を用いて聞き比べしていくことからはじまり、 講座に先立ち生徒各々が持参したDTM音源を用いて作曲したデモ楽曲と手書き譜面を、 講師陣の実演も交えながらより効果的な弦楽四重奏へと近づくためのブラッシュアップ指導と、 今回も白熱の第1回目授業となりました!     今回の授業を参考に ストリングスレコーディング本番に向けて皆さん頑張ってください!       そしてそのストリングスレコーディング本番が、 あのDTMステーションさんにて取り上げられました! 是非記事もご一読ください! DTMで作曲し、プロに演奏してもらう、専門学校の発表会に潜入してみた DTMで作曲し、プロに演奏してもらう、専門学校の発表会に潜入してみた DTMで作曲し、プロに演奏してもらう、専門学校の発表会に潜入してみた  

DTM学校 学校通信

【学校通信】第9期生説明会シーズン開幕!

2015/12/22    ,

  東京DTM作曲音楽学校 第9期生入学説明会がいよいよスタートです! 第1回目となる今回はオンラインの参加者もいる実際の授業により近い雰囲気! 自作曲持参者も多数いたことで後藤講師と校長による現場さながらのディレクションも一際際立ちました!       抜ける音とは何か、 「今」を感じる音作りの真髄、 「なんか違う」の克服方法、 プロはどのようにして曲作りをはじめるのか、 どの部分に拘って曲作りをしているのか、 どんなに良い腕があっても採用される曲にならない理由 仕事と両立をしながら自分の曲を売り物に変えていく方法、 などなど、今回も実践的で参加者が実際そこんとこ知りたい!という内容の数々! 校長も最新の現場事情をテーマに 作曲技法からトラックメイキングまで余すところなく披露! 今回も参加者皆さん大満足の説明会となりました!       それでは参加者達のコメントを見てみましょう!   30代男性・会社員/トラックメイキングを克服すればコンペ採用レベルの自作曲を持参  説明会に来たという事を忘れるほど、お話に聴き入ってしまいました。 新しい物のインプットは仰る通りどんな仕事でも重要と思います。 どんなレクチャーも「インプットがいかに重要なのか」に最後は結びついていくあたり、一貫性があり納得できる思いです。 期待以上に有益なお話を聞けて感謝しております。   40代男性・会社員/既に多数の自作曲があるDTM作曲上級者  現役プロの方とお会いするのははじめてで、曲に対する考え方を直接知ることができ、とても刺激になりました。 市販の書籍では分からないような内容もあり、本日の説明会を通して、自分の作曲生活にとても有用なものになるのではないかと思いました。 入校を前提に今日のことをよく考えてみます。       ということでいつもより開始時刻が1時間早い16時スタートだったものの、 説明会を終わってみたら深夜2時、10時間のロングラン! 当然全員終電を逃しているので、     始発が走り出すまで宴会です!笑 ついさっきまで全員が他人同士だったのに、 音楽という1つのテーマで語り合えるというのはとても素敵なことですね!       ということでこんな激熱な入学説明会の残り日程は、 12/27(日)16時~ 1/9(土)17時~ 1/14(木)19時~ となっております! お申し込みは説明会ページよりどうぞ!   東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】新授業!学校主催ストリングスコーンサート!

  東京DTM作曲音楽学校に新たな授業が加わりました! 至上最強のストリングスアレンジ講座の新企画、 講師陣+豪華ゲストによる定期演奏会です!       従来のストリングスアレンジ講座では、 ・DTMを用いて生徒がストリングス楽曲を制作 ・弦楽器講師陣による弦楽器に関する授業及び生徒楽曲指導 ・国内随一のレコーディングスタジオにて一流演奏家達による生徒曲レコーディング という、この時点で既に他の追随を許していない流れではありましたが、 生徒達がより弦楽器というものに対しての造詣を深め ストリングス楽曲を作曲する上でより脳内イメージが高められるよう、 実際の演奏会を体感することで様々な学びに繋げてもらいます。       当然「弦楽曲を作曲するため」に開催するコンサートなわけですので、 単なる演奏会とは内容は全くことなります。 例えば何故ストリングスはカルテット構成が多いのか 同じ楽曲を1本ずつ編成を増やして聴き比べたり、 ピアノを入れてアンサンブルにしてみたり、 作曲家達がと、実際そこんところ知りたかった!と唸る内容満載のコンサートとなっております!       そして先日第1回目の定期演奏会が     大田区民プラザにて開催されました! 学校主催のコンサートということで、     受付も本校生徒によるお手伝い! 会場はほぼ満席となり、     現役生、卒業生も沢山参加し、 各々が大絶賛な素晴らしい内容のコンサート!     ※校長はコンサート中1人受付係になり演奏を聞けず       そして多期生で集合したとなれば、     当然みんなで飲み会! もう本校の名物といっても過言ではないでしょう! この日も楽しい音楽漬けの1日となりました!       東京DTM作曲音楽学校 事務局    

DTM学校 学校通信

【学校通信】8期生第2回目説明会も無事終了!

2015/9/27    ,

  東京DTM作曲音楽学校 第8期生入学説明会に2回目! 全体的に若い方が多めだった今回は、 これから音楽をスタートさせる方から 既に十分な音楽経験がある方まで幅広くご参加くださいました!       今回も様々なテーマについて深く参加者の皆さんとやり取りを重ね、 笑いと真面目な内容との対比が印象的なとても充実した内容となりました! 以下参加者のコメントです!   20代前半男性・10年以上のピアノ歴と自作曲複数持参求めている環境がここにあった!と思いました。まだ体験授業の段階ですが、クラシックからEDM、ヒップホップに至るまで先生のとんでもなく幅広い知識と素養を身をもって感じることができました。     20代前半女性・アコギ弾き語りを嗜みこれから音楽制作をスタート初心者もどきの私でも、分かりやすく説明してもらえて、和音の事とか、知らない単語、あまり解れてこなかった音楽の事も知れて、とても良い経験になりました。 みんな持ってきていた曲も、とてもすごくて、私もあんな風に作れたらなーって気持ちが湧いてきました!! ありがとうございました。     といったように、今回も皆様に満足いただけたようで何よりでした!       ということでとことん付き合う大容量授業がついた 10月10日開講の第8期生入学説明会は、 10/4(日)・10/8(木) となっております! 既に8期生枠も埋まり始めておりますので、 ご入学をお考えの方はお早めにどうぞ!   東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】10月スタート8期生入学説明会シーズン開幕!

2015/9/15    ,

  東京DTM作曲音楽学校 第8期生の入学説明会がいよいよ開幕! (既に入学者もおりますので説明会予約、願書提出はお早めに!)       今回は映像音楽系の作品を持参した参加者が多く、 海外で長期音楽留学経験のある方や、 幼少からクラシック音楽を嗜みつつEDMに目覚めた方、 長くバンド経験がある方や、 大人になってからピアノを始めた方まで、 バラエティに富んだ参加者に恵まれました!       いつもながらの濃密授業も健在で、 校長、後藤講師とも熱の入った楽曲指導! そして何故か入学説明会だというのに、 1期生のI君が最近作曲したお悩み中の曲を持参。 と、曲を聞いた直後にメロを生かすためのコードの付け直しを校長が披露! 平坦だった楽曲が突如ストーリー性を帯び、 たちまち良曲の雰囲気がムンムンとしてきました! (やる気のある生徒は卒業後だろうがずっとフォローし続けるスタンスです)       最早定番とも言えるべき終電越え授業ですが、     今回は授業のみでAM4時まで粘りに粘ってくれた猛者まで!       ということで残りの入学説明会は、 9/26(土)、10/4(日)、10/8(木)となっております! 授業が本物かどうか、是非その目で見極めに来てください! ご予約は入学説明会ページよりどうぞ!   東京DTM作曲音楽学校 事務局  

DTM学校 学校通信

【学校通信】9/10(木)授業付!ストリングスコンサート開催!

  東京DTM作曲音楽学校が遂にコンサートを企画致しました! 本科最後を締め括る至上最強のストリングスアレンジ講座第2回目、 生徒自作曲をオーケストラ首席のメンバー達が演奏し 最上級のレコーディングスタジオでレコーディングする企画にて、 生徒楽曲の品質を更に高めるべく授業付のコンサートを開催致します! ストリングス楽曲制作前に本物ストリングスカルテットの演奏を聴くことで、 生のサウンドについての様々な考察をしてもらうためです。   ・ソフトシンセとのサウンド差を知る ・どんな場合だとDTMでの制作するストリングスが活躍するかを知る ・ダイナミックレンジについて知る ・カルテットを分解し同じ曲を1パートずつ徐々に重ねて演奏し積み重ね方を知る ・各楽器のオイシイ音域を生鳴りを通して知る ・(弦に限らず)演奏者ありきの楽曲制作を考える etc...   弦楽四重奏だけでなくバンド演奏もあり、 ストリングスが持つ様々な可能性を知ることができます! 楽曲制作するうえでの重要なマインドの数々を、 演奏と併せてプレイヤーの解説から知ることができる とても貴重なコンサートです! もちろん一般のお客様もご入場できますので、 皆様是非お越し下さい!     <コンサート詳細> 日時:9/10(木)18:45 開場 19:15開演 場所:大田区民プラザ(下丸子駅目の前) 金額:3500円(税込)   弦楽四重奏のヒミツを徹底解剖! なぜ四重奏が多いの?四声部である理由は?合奏するときにはどうゆうことを考えて弾いているの? 四重奏の各声部のもつ意味、担っている役割を、ソロ→二重奏→トリオ→カルテット、ひとつずつ声部を増やして聴いてみよう♪ 東京DTM作曲音楽学校講師とスペシャルすぎるゲストミュージシャンによる楽しい解説付きコンサート♪   ◆出演 チェリスト向井航(東京DTM作曲音楽学校講師) バイオリニスト根来由実(東京DTM作曲音楽学校講師) ◆スペシャルゲスト 元東京交響楽団コンサートマスター西田博 ビオラ諸橋恵子 ピアノ石坂慶彦(作曲家) ◆演目 ・パッヘルベル カノン ・モーツァルト ディベルティメント ・ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲「アメリカ」より ・モンティ チャールダーシュ などなど!   2人のviolin名手による超絶プレイをお楽しみに!!   根来由実 | Violinist Yumi Negoro official site http://www.yuminegoro.com/ Quartet ” Vintage ” Official Site http://vinquartet.wix.com/quartet-vintage       東京DTM作曲音楽学校 事務局  

Copyright © 東京DTM作曲音楽学校 All rights reserved.