数々の卒業生実績が証明する、プロで通用する技術が最速で身に付くDTM・作曲スクール。【公式|東京DTM作曲音楽学校】

入学説明会日程

模擬授業」と「楽曲指導」がメインの
参加するだけでスキルアップする名物入学説明会!

 

8/21(土)17時~21時|残席有

9/11(土)14時〜18時|残席有

9/18(土)14時〜18時|残席有

 

詳しくはこちら

FAQ

よくある質問とその回答をまとめたページになります。

該当する質問が見当たらない場合はお問い合わせフォームよりご質問下さい。

 

入校に関して

Q.入学はいつできますか?

Q.入学に関して条件や制限はありますか?

Q.遠方(地方や海外)に在住なのですが入学はできますか?

Q.入学選考試験はどのコースに存在しますか?

Q.初心者ですが入学可能でしょうか?

Q.現在他校(音大、専門、スクール、個人レッスン)に通っていますが、退学しなければ入学できませんか?

Q.現在プロとして活動中で、既に会得している知識やスキルは多々ありますが、コースの一部授業のみを受講することは可能ですか?

Q.他校(音大、専門学校、スクール、個人レッスン等)で講師を務めていますが入学できますか?

Q.アーティスト、芸能人として活動中で、アーティストイメージ維持のためにどうしても学校に通っていることを表に出せないのですが、入学は可能ですか?

Q.入学者数の上限はありますか?

 

受講に関して

Q.総合DTM作曲コースの授業と課題はどのようなペースで進行しますか?

Q.授業は一定のペースで進行するのでしょうか?

Q.授業日は決まっていますか?

Q.仕事や学業が忙しくお休みしたい週があるのですが。

Q.課題はどの程度出題されますか?

 

コース・授業に関して

Q.それぞれのコースの一部だけの受講は可能ですか?

Q.総合DTM作曲コースは6ヶ月、1年、2年と3つの期間が設定されていますが、それぞれ何が違うのでしょうか?

Q.授業の量や密度はとても高そうですが、受講期間のうちに全て受講できなかった場合はどうなってしまうんでしょうか?

Q.「総合DTM作曲コース」に含まれている授業で単科コースになっているコースがありますが(例:レコーディング/ミックス/マスタリングコース)、総合DTM作曲コースに単科コースが全て内包されていると考えてよいのですか?

Q.DAWソフトの指定はありますか?

Q.OSの指定はありますか?

Q.譜面の読み書きができないのですが。

 

入学に関して

Q.入学はいつできますか?

A.常時入学可能です。ただし、原則として入学説明会にて模擬授業を受講し、本校の理念と指導力をしっかりと吟味していただいてからの願書の出願をお願いしております。

 

Q.入学に関して条件や制限はありますか?

A.作曲やDTMや音楽全般に対して高い志をお持ちの方で、義務教育修了程度の日本語の読み書きができれば、音楽歴や居住地に関係なく基本的にどなたでも入学を受け付けます。

ただし授業は非常に内容が濃く多岐に渡るため、授業の復習や作曲課題をこなしていただくことは必須となりますので、授業の受講だけで作曲課題はやりたくないという方の入学は受け付けておりません。

また、殆どのコースには入学選考試験が設けられており、基準に達しない場合は、初級コースからの入学となります。

 

Q.遠方(地方や海外)に在住なのですが入学はできますか?

A.はい、できます。旧システム下においても遠方在住者のためのオンライン受講制度を設けており、スクーリングが出来ない方達のための学習環境作りにおいては多大な蓄積がある上に、新システム移行により、これまで以上に居住地による教育格差は殆ど発生しなくなりました。

ただし、一部のスクーリング授業や課外授業については実際にお越しいただく以外に受講方法がないものもありますので、入学前によくご確認下さい。

 

Q.入学選考試験はどのコースに存在しますか?

A.初級課程の2コース以外の全てのコースで入学選考試験があります。総合コース系に関しては試験に不合格でも初級課程を受講し修了することで共通課程(総合DTM作曲コース)にコースアップすることができます。単科コースにつきましてはカリキュラムを受講することで伸びると判断されない限り入学は許可されません。

 

Q.初心者ですが入学可能でしょうか?

A.はい、可能です。本校はプロや上級者の入学者の割合も多いですが、これまでの経験や実績よりも、どれだけ真剣に授業と課題に取り組めるかが重要で、そういった方は全くの初心者でも驚く程の速度で作曲スキルが向上します。

ただし、音楽は長い歴史の中で様々な手法や試みが次々と生み出され、聴いておくべき楽曲は山のようにあり、それらを体系的に幅広く吸収していくにはある程度のまとまった時間が必要で、最終的にはどこまで音楽に没頭できるかでその後が決まります。

 

Q.現在他校(音大、専門、スクール、個人レッスン)に通っていますが、退学しなければ入学できませんか?

A.いいえ、必ずしも退学される必要はありません。上京や学歴獲得等の目的で通い続けなければならない場合もあり、ダブルスクールは認められています。

 

Q.現在プロとして活動中で、既に会得している知識やスキルは多々ありますが、コースの一部授業のみを受講することは可能ですか?

A.いいえ、できません。プロとして活躍されている方でも本校で教示する内容を入学前から幅広く習得できている方はほぼおらず、どこかしらに知識の穴が存在しますので、改めて1から学習を進めていただきます。

ただし、既に十分理解できている授業内容につきましては、授業内容確認のための課題の提出状況により、通常よりも早く進めていくことができ、反対に不得意箇所については時間をかけてゆっくりと進めることができます。従ってスクーリング制の全体授業では不可能な、学習状況に応じた完全なる自分専用のロードマップ策定が可能です。

 

Q.他校(音大、専門学校、スクール、個人レッスン等)で講師を務めていますが入学できますか?

A.はい、できます。本校はプロとして活躍中の作曲家やアーティストから、音楽大学作曲科で教鞭を執る方、バークリー音大卒のような他校で主幹講師を務めるレベルの方、その他有名音大や専門学校卒の方達ですら1から学びに来る程の教育水準を誇ります。
本物の知識と技術を最速で身に付け、自身の夢や目標を達成してもらうことこそ我々の願いです。歓迎致します。

 

Q.アーティスト、芸能人として活動中で、アーティストイメージ維持のためにどうしても学校に通っていることを表に出せないのですが、入学は可能ですか?

A.場合によっては可能です。これまでにもブランディングの都合上ステルス入学をされた著名人は複数おり、講師陣やスタッフも業界の慣例慣習にも明るいため事情を考慮しやすく、学習効率が維持できると判断された場合は入学できるよう、詳細は事務局までお問合せ下さい。

 

Q.入学者数の上限はありますか?

A.はい、あります。全生徒に綿密な指導とフォローを行っていくため、受け入れ人数には限界があります。

 

受講に関して

Q.総合DTM作曲コースの授業と課題はどのようなペースで進行しますか?

A.基本的には動画配信による授業の受講と、授業と連動した作曲課題をはじめとした各種課題の提出を、1週間のサイクルで進行していきます。実際の授業と同様にノートを取って復習をし、わからない箇所については何度も動画を見返したり、講師陣や在校生達と24時間繋がっているオンラインコミュニティにて質疑応答をして解決していきます。作曲課題は個別に対話形式でじっくりと指導を行い、講師陣が生徒の習熟状況を正確に把握し、最善の指導指針を立てるための土台となります。

 

Q.授業は一定のペースで進行するのでしょうか?

A.いいえ、これまでの経験や授業の理解度、生徒の都合に応じて、無理のない最適化された日程で進行していきます。

通常は課題提出も含めて1週おきの授業サイクルですが、既に会得している内容の授業は提出された課題が合格点に達していれば、次々に授業を進めていくことが可能です。

反対に、苦手箇所や不得意分野に関してはじっくりと時間をかけて復習を重ね、課題を通して授業内容の確実な定着を図ることができます。

 

Q.授業日は決まっていますか?

A.生徒の自由に設定でき、いつでも変更可能です。また、連続で作曲課題に不合格となった場合は授業配信が止まり、課題提出を優先していただくことになりますので、そういった際にも授業曜日がずれる場合があります。

 

Q.仕事や学業が忙しくお休みしたい週があるのですが。

A.様々なライフスタイルが存在する現代において、画一的に毎週決まった日時に通学しなければならないというのは、現代においては最早ナンセンスともいえます。

最新の技術やサービスを駆使することで、受講日時や課題提出の速度についてですら生徒自身が自由に設定でき、現在の仕事や学業などと並行して無理なく学習を進めていくことができます。

またどの生徒にも全受講期間の1/6にあたる猶予期間が別途付与されるため、休みが発生することを前提とした無理のない学習環境が構築できます。

 

Q.課題はどの程度出題されますか?

A.基本的に全ての授業において課題が出題されます。課題内容は授業で学んだ内容をどこまで理解できているか確認をするためのものであり、授業で取り扱った技術や技法を用いた楽曲を作曲することと、楽曲の手書きの譜面提出が主となります。提出楽曲に対して対話形式の綿密な指導を行うことで、生徒の習熟状況の完璧な把握に繋がり、指導方針もより的確なものとなります。学習初期の頃は数小節程度の簡単な課題が中心ですが、後半になればより完成された1曲に近い課題となります。

詳しくは下記ページをご覧下さい。

リンク様々な課題

 

コース・授業に関して

Q.それぞれのコースの一部だけの受講は可能ですか?

A.いいえ、できません。全てのコースは第1回目の授業からの積み重ねがあってはじめてその次の授業の内容が理解できるため、特定の授業だけを受講しただけでは真の理解からは遠ざかります。

 

Q.総合DTM作曲コースは6ヶ月、1年、2年と3つの期間が設定されていますが、それぞれ何が違うのでしょうか?

A.受講カリキュラム自体は変わりません。ただし、3つのコースごとに授業配分や課題提出のペースが全く異なります。当然時間をかけるほど学習内容の定着もより強固なものとなりますので、これまでの音楽歴や割ける時間などから無理せず学習が継続できるコースをお選び下さい。なお、6ヶ月コースは基礎と応用の大部分が既に身に付いている極少数の方しか合格できない難易度の試験となっています。

 

Q.授業の量や密度はとても高そうですが、受講期間のうちに全て受講できなかった場合はどうなってしまうんでしょうか?

A.昨今の生活の多様化により、様々な事情でお休みをしなければならない場面も出てくるかと思います。そのためどのコースにおいても全在学期間の1/6にあたる猶予期間が別途付与されるため、例えば「総合DTM作曲1年コース」であれば猶予期間を合計した1年2ヶ月の間に受講を修了させればよく、途中で何度かお休みを挟んでも安心して最後まで学習を継続していくことができます。

万が一1年2ヶ月の期間を超えても卒業まで受講が進まなかった場合は、延長した期間に応じ別途費用をお支払いいただくことでた。最後まで学習を続けることができます。

 

Q.「総合DTM作曲コース」に含まれている授業で単科コースになっているコースがありますが(例:レコーディング/ミックス/マスタリングコース)、総合DTM作曲コースに単科コースが全て内包されていると考えてよいのですか?

A.総合DTM作曲コースで扱う内容は単科コースで教示する内容のダイジェスト版のようなものとお考え下さい。総合DTM作曲コースを卒業後に単科コースを受講することで、更に理解と造詣を深めることが可能となります。

 

Q.DAWソフトの指定はありますか?

A.ありませんが、あまりにもユーザー数が少ないDAWはお勧めしておりません。DAWソフトはあくまで土台であり、上級者になればなるほどソフトシンセやプラグインを自己の方針に合わせて導入して環境構築していくため、DAWへの依存はそれと比例して低くなります。

どういった機材を導入していいかわからない方は、入学時に機材カウンセリングにて詳細なヒアリングを行いますので、慌てて自己判断で購入する必要はありませんのでご安心下さい。

 

Q.OSの指定はありますか?

A.ありません。前項のDAWの件同様に、WindowsでもMacでも構いませんし、どちらにしたからといって扱う人間が同じであれば出来上がる曲に差異はありません。

どちらを選ぶべきかは、これまでの経験や現在置かれている環境によって人それぞれ違うため、わからない方は機材カウンセリングをご利用下さい。

 

Q.譜面の読み書きができないのですが。

A.譜面の読み書きに関するスキルは、作業効率の向上のため、他人にわかりやすく伝えるため、そしてより幅広く仕事を獲得する上で必須となるスキルです。譜面のルールは数時間もあれば理解できることと、授業にてしっかりと指導します。また作曲課題にて自作曲の譜面を毎週書いているうちに、すぐに慣れるものですので難易度としては低い部類に入ります。

 

 

<関連記事リンク>

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。

新着記事

no image

BLOG DTM学校 事務局通信 学校通信

2021/7/30

【学校通信】7月度 入学説明会報告!

皆さんこんにちは、東京DTM作曲音楽学校 事務局です! 7月度入学説明会も無事開催! 今回も昨今の社会情勢を踏まえZOOMでのオンライン開催となりましたが、 今回も参加者皆様が大いに盛り上がり白熱した説明会となりました!   今回参加して下さった方々は、 長年クラシックピアノを継続し現在他校で作曲を習う方、 アイドル活動を経てアーティスト活動へシフトし多方面で活躍する方、 長年クラシック声楽を続けてこられた方などなど、 今回も本校の生徒を象徴するかのようなバラエティに富んだ面々。   ...

ReadMore

no image

BLOG 事務局通信

2021/7/6

【学校通信】説明会盛り上がってます!8月新日程も決定!

皆さんこんにちは、東京DTM作曲音楽学校 事務局です。 先日リニューアル後第2回目となる入学説明会が今回もZOOMで開催されました!   今回も様々な音楽経験を持つ参加者の方達に恵まれた、とても熱意ある楽しい説明会となりました! サラリーマンをしつつも高いレベルで音楽活動を続ける方、 既にメジャーで多数の楽曲リリース歴を持つ現役バリバリのプロ作曲家の方、 10代とは思えない程の音楽歴が豊富な現役高校生の方まで、 まさに本校の生徒達を俯瞰したような方々が勢揃いとなった上に、 校長、TA陣2名も参加 ...

ReadMore

BLOG

2021/6/20

【学校通信】新体制オンライン説明会開催!入学者も続々!

  皆様、こんにちは。 東京DTM作曲音楽学校 事務局です。   先日、リニューアル後の初となる入学説明会が開催されました! 昨今の社会情勢を踏まえ、学校史上初となるオンラインのみで開催された入学説明会でしたが、 長年に渡ってプロ活動されている方、本校の再開を心待ちにしてくださっていた方など、多数の方々に参加していただき、 相変わらずとてつもないハイレベルな内容で、 予定時刻の3時間を大幅に超えて授業が盛り上がってしまいました!(いつものことなのですが)   圧巻だったのは、 ...

ReadMore

no image

BLOG おすすめ記事 校長BLOG

2021/7/6

【校長ブログ】久しぶりの校長ブログです!

皆さん、お久しぶりです! 東京DTM作曲音楽学校長donsukeです!   大分長い間お待たせしてしまいましたが、東京DTM作曲音楽学校は抜本的リニューアルを遂げました。 問い合わせを下さっていた沢山の方々、大変すみませんでした! 実は限られた人数の生徒を取って水面下では動いていたのですが、まあそれはよいとして。   一番変わったところとしては、レコーディングスタジオ実習以外は通学、対面形式の授業をやめてしまったことです。 対面でないからこそ、各種Webサービスを駆使することで、実はコ ...

ReadMore

BLOG DTM学校 おすすめ記事 事務局通信

2021/5/15

東京DTM作曲音楽学校 リニューアルしました!

大変長らくご無沙汰しておりました。   東京DTM作曲音楽学校は、これから訪れるどのような時代の変化にも対応できるよう、授業、コース、学校システム、Webサイト等、全てのリニューアルを敢行し、万全の態勢となって再始動致しましたことを皆さまにご報告申し上げます。 当該期間におきましては、次期開講に関するお問い合わせやご要望を日々沢山頂戴しており、本校で学びたいと希望する全ての方々のご期待に応えることができなかったことを、謹んでお詫び申し上げます。 特に強く入学を希望される方達には、プレ開校としいう ...

ReadMore

おすすめ記事

no image

BLOG おすすめ記事 校長BLOG

2021/7/6

【校長ブログ】久しぶりの校長ブログです!

皆さん、お久しぶりです! 東京DTM作曲音楽学校長donsukeです!   大分長い間お待たせしてしまいましたが、東京DTM作曲音楽学校は抜本的リニューアルを遂げました。 問い合わせを下さっていた沢山の方々、大変すみませんでした! 実は限られた人数の生徒を取って水面下では動いていたのですが、まあそれはよいとして。   一番変わったところとしては、レコーディングスタジオ実習以外は通学、対面形式の授業をやめてしまったことです。 対面でないからこそ、各種Webサービスを駆使することで、実はコ ...

ReadMore

BLOG DTM学校 おすすめ記事 事務局通信

2021/5/15

東京DTM作曲音楽学校 リニューアルしました!

大変長らくご無沙汰しておりました。   東京DTM作曲音楽学校は、これから訪れるどのような時代の変化にも対応できるよう、授業、コース、学校システム、Webサイト等、全てのリニューアルを敢行し、万全の態勢となって再始動致しましたことを皆さまにご報告申し上げます。 当該期間におきましては、次期開講に関するお問い合わせやご要望を日々沢山頂戴しており、本校で学びたいと希望する全ての方々のご期待に応えることができなかったことを、謹んでお詫び申し上げます。 特に強く入学を希望される方達には、プレ開校としいう ...

ReadMore

おすすめ記事 校長BLOG

2021/5/11

【校長ブログ】卒業生超大活躍時代突入!

またもやご無沙汰しております。 申し訳ない限りなのですが既報の通り2019年10月の募集は延期ということになりました。 私のほうはお陰様で誰もが知るあの方や、オリコン上位アイドルなど、 作曲やプロデュース仕事が山盛りある嬉しい悲鳴状態で、リリース解禁まで待ち遠しい日々です。 レコーディングエンジニアの渡辺講師やストリングス講座を担当する向井講師も、 超有名アーティストの担当などで電話するのもままならないような活躍ぶりで 在校生のフォロー、サポートを最優先するために今回は延期という決断をさせていただきました ...

ReadMore

DTM学校 WEB授業 おすすめ記事 レコーディング/ミックス/マスタリング

2021/5/15

【WEB授業】ミキシング向上を目標にするDTMerの9割が間違いである理由

今回のテーマは初心者~上級者までの殆どのDTMユーザーが一番悩んでいるであろう『自作曲の音のショボさはミキシングスキルが上がればカバーできるのか』という問題を掘り下げていこうと思います。 というのも東京DTM作曲音楽学校の入学説明会へ参加して下さる方のアンケートの殆どに「ミキシングスキルを向上させたい」という悩みが多々寄せられたためです。 が、タイトルにもある通り悩み自体がそもそも間違いなんですね、言い方を変えるならば音がショボくなる本当の理由を見抜ききれていないといったところでしょうか。 それではいって ...

ReadMore

WEB授業 おすすめ記事 音楽業界論

2021/5/15

【WEB授業】楽曲コンペとは? ~現役作曲家から見た楽曲コンペ~

楽曲コンペとは? 楽曲コンペとは・・・ 日本の音楽業界、特にJ-POPを中心とした歌モノのリリース楽曲を決める際に最も広く使われる手法で、レコード会社や音楽出版社がリリース内容に沿ったお題を作家事務所や作曲家に広く公募をかけ、作曲家達がそのお題に沿った内容で楽曲を制作し、集まった楽曲の中からリリース曲を決める音楽業界に古くから根付くシステム。   採用側はタダで数多くの楽曲を集めることができるので批判の対象となることも多いが、作曲家にとってはメリット・デメリットどちらも存在しつつも、プロの作曲家 ...

ReadMore

Copyright © 東京DTM作曲音楽学校 All rights reserved.