数々の卒業生実績が証明する、プロで通用する技術が最速で身に付くDTM・作曲スクール。【公式|東京DTM作曲音楽学校】

入学説明会日程

模擬授業」と「楽曲指導」がメインの
参加するだけでスキルアップする名物入学説明会!

 

学校開催!7/16(土)13時〜16時|残席少

学校開催!7/16(土)17時〜20時|残席少

オンライン!7/17(日)14時〜18時|残席有

 

詳しくはこちら

東京DTM作曲音楽学校

校長BLOG

祝!東京DTM作曲音楽学校 第一期生スタート!

遂に東京DTM作曲音楽学校 第一期生の本科授業がスタート致しました! 既にプロとして活動している方や、 DTMを使って自作曲を精力的に作曲している方など、 生徒さん達の熱意に関しても他の学校と比べると次元ともいうべき雰囲気です。 これからDTMや作曲を始められる生徒の方もこの雰囲気に揉まれれば 自然と曲作りが日課になっていくことでしょう! 逆に私のほうが新たな刺激を頂いてしまうほどです。 ということで皆さんこうした環境をも上手く使いこれからガンガンやっていきましょう! さて、昨夜は絢香さん、平井堅さん、中島美嘉さん、JUJUさんのコーラスでもお馴染みの KAZCOさんのバースデーライブにお邪魔させて頂きました。 用事があったので最後しか観られなかったのですが、 曲も歌もとっても素晴らしく、プロとはこうあるべき!なんて思ってしまう内容で、 なんかもう普通にファンになってしまいました(笑) 作曲(主に歌モノ)のプロを目指すのであれば 知っておくべきであろう作曲家の方もゲスト参加なさる、 とてもゴージャスなメンバーでのライブでした。 終演後は打ち上げにも参加させて頂き、 沢山の初めましての方々にも仲良くしていただいたり、 やっぱり共通の知人・友人もいたりして、 人脈・コミュ論の重要性を更に意識した夜でした。 しかし最近奥歯が痛いです・・・。

ニュース・お知らせ

東京DTM作曲音楽学校 第一期生 開校!

東京DTM作曲音楽学校 第一期生 初回の授業が無事終了致しました!
まだまだ認知度の低い開校初期ではありますが、
無事スタートが切れたことを素直に喜ばせていただくとともに、
我々の理念が皆様の求めているものに近かった証でもあると確信を深めつつも、
更に更に生徒の皆さんにとって有益なコンテンツを惜しみなく...

未分類

【緊急告知】追加説明会は1/16(木)です!

    先日お伝え致しました追加説明会ですが、 1/16(木)19時~ スタート致します。 ご希望の方はメール(info@tokyodtm.com)またはお電話(050-5866-8062)にてご予約下さい!     通常の入学説明会より簡易なものにはなりますが、 その分皆さん1人1人のご質問に答えやすい雰囲気となっておりますので、 学校システムだけではなく、 DTMや作曲に対する様々な疑問や、 自作曲の持参などお待ちしております!     東京DTM作曲音楽学校 事務局

ニュース・お知らせ

【学校通信】第一期生最終入学説明会まで後少しです!

    東京DTM作曲音楽学校 事務局です。 いよいよ第一期生の最後を飾る入学説明会が明日に迫って参りました!     今回は最後ということもあり、 参加者の数も過去最高で急遽椅子を手配しに行った程です!     本来ならばご希望者全てを受け入れたいところなのですが、 現状の参加者数から言って、 あと1名で受付のほう終了させて頂きたいと思います。 大変申し訳ございません・・・。     ただ闇雲に人を集めれば良いという訳ではなく、 集まった皆さん全員が満足して帰ってもらえるよう、 クオリティ維持の観点からの校長判断です。     そしてなんと今回は 校長と後藤先生だけでなくAJ先生も参加致します!     自作曲がある方はこれまでと同様、 校長から楽曲制作の技術的指導、 後藤先生からレコード会社仕込の本物の楽曲ディレクション、 そしてAJ先生には、歌詞や歌唱についてのアドバイスを、 余すところなく聞きまくっちゃってくださいね!     講師、スタッフ一同心よりお待ち致しております!     東京DTM作曲音楽学校 事務局

ライブ観戦 校長BLOG

プロとして作曲、DTMを続けていくには学習し続けること!by山下達郎

MELODIES (30th ANNIVERSARY EDITION)     素晴らしい記事を発見しました! 音楽を仕事にすることに対する様々な想いを 山下達郎さんが語ったインタビュー記事です。 全4回ある中の第3回目の記事になります。 (参照元:朝求ウェブ)     その中でも特に印象に残った言葉が、 「作り手は学習を続けよ」 「魂の叫びだけで100曲は書けない」 上記に尽きます。     数十年に渡って活躍し続ける達郎さんだからこそ 非常に説得力のある言葉ですね。 音楽活動を短距離走でなく長距離走で捉えている証拠です。 勿論誰しもできるだけ長期間プロとして 作曲やDTMに携わっていきたいわけですので、 全ての作曲家、音楽家が肝に銘じるべきですね。 突出した才能で一瞬輝く音楽家は沢山いますが、 プロになることをゴールではなくスタートと考えるということですね。     長きに渡って絶え間なくイメージ通りの楽曲を作曲するためには、 頭に思い浮かんだ楽曲イメージを、 即座に、的確に、 DTMを使って形にする能力がなければなりません。 そのためにはまず音楽を分析する能力が必要です。       音楽理論を通したコードやハーモニーを分析する能力、 サウンドや楽器を分析するトラックメイキングの能力、 そして最も重要なことが上記2つを基に、 古今東西の様々な音楽を聞き漁り詳細に分析して 自分の引き出しの中にストックしていくという作業。     東京DTM作曲音楽学校に限らず、 DTM作曲系の音楽学校が提供できるものは、 上記3つの要件のうちの最初の2つだけです。     3つ目はDTM、作曲ユーザー1人1人が、 自分の心を震わせた音楽を中心に、 どういったサウンドやハーモニーが自分の心を突き動かしたのか、 その理由を細かく紐解く作業を繰り返す蓄積こそが、 達郎さんの言う、 「学習を続ける」 ことに他ならないのです。     例えば右手と右足が同時に前に出るフォームで、 走り込みをいくら続けたところで殆ど意味がありません。 同様に楽曲を分析する作業も、 基本となる音楽理論、DTM、トラックメイキングの素養がないと 時間と労力の大幅な無駄遣いになってしまう可能性が高まります。     東京DTM作曲音楽学校が何故 音楽理論とDTMの2つ(ITや人脈論も多少)をパッケージングした、 本科コースを軸に据えているかといえば、 まさにこの効果的に学習を進めるために必要な 全てのツールを1つにパッケージしたかったからです。     達郎さんのインタビュー内容が、 東京DTM作曲音楽学校の理念をそのまま解説しているかのようで、 思わず興奮してしまった本日でした(笑)

校長BLOG 音楽ニュース

DTM作曲ユーザー歓喜!絶対音感になる薬が開発された!?

    どうやら嘘ではないようです! GIZMODOさんの記事によりますと、 てんかんの薬を処方することによって、 大人になってからでも絶対音感が身に付く可能性があるとのこと! (参照記事:GIZMODO)     一般的に絶対音感というと、 なんだか凄い能力のように聞こえますが、 実際凄いんです!     通常は、単音~4和音くらいのがわかる人を、 絶対音感と呼んだり自称したりしていますが、 そのくらいだと若いうちからの訓練で、 絶対音感でなくとも大体はわかるようになります。 だから私は大体音感と呼んでいます。     どうやら絶対音感の方は、 楽音に対しての脳の反応する部分が、 絶対音感以外の人と違うんだそうです。 特に言語野が反応するとのこと。     これを聞いてぴーんときた人は絶対音感の可能性あり!     絶対音感がある人はよく音が階名で聞こえてくると言いますが、 この感覚実は誰でも持っているもので、 例えば海外の雑踏で急に日本語が聞こえてきても はっきりとそれが日本語だと無意識でも認識できるように、 楽音を聞くとそれがドレミ~と勝手に頭で鳴るんですね。 言語野が反応すると聞いて真っ先にこの現象が思い出され、 恐らくそうに違いないと個人的には思っています。     私はもちろん絶対音感なんてないですが、 人生で最もトレーニングしていた時期などは、 調子のいい時だと大体音感くらいになる日くらいはあり、 やはり意図せずとも楽音を聞いた瞬間、 ドレミ~と勝手に頭の中で鳴ることがよくありました。     ちなみに私が皆さんの前でよくやる、 音楽を聴きながらリアルタイムでコードを採譜する技ですが、 あれは絶対音感でも大体音感でもなく、 相対音感と曲を俯瞰で聴く意識の持っていきかたと、 調性音楽への慣れという3点でやっていますので、 絶対音感があるからといって 一瞬でコードの耳コピができるわけではないようです。     よくこれを実践すると絶対音感の方に驚かれますが、 私からすると絶対音感のほうがよっぽどびっくり人間ですので、 1度でいいから全ての音を意識せずドレミで聞けたらいいな~と かねてから思っていましたので、 この薬ちょっと試してみたい気もしますが、 皆さんはいかがでしょうか(笑)

DTM授業_初心者 WEB授業

DTM初心者必見!DTMを始める上で必要な5つの機材!

DTM初心者必見!DTMを始める上で必要な5つの機材! 先に結論から書いてしまいましょう!   ・パソコン ・オーディオ I/F ・DAW ・モニタスピーカ or モニタヘッドフォン ・MIDIキーボード   の5つになります! それでは1つずつ解説していきましょう! DTMに必要な機材その1 【パソコン】 特に言う必要もないんですが一応(笑) これまではWindowsかMacかの2択でしたが、 近年タブレット環境下でのDTM機材の充実度は、 最早無視できないレベルまでの水準に達しました。 2014年のDTMパソコンはWindows、Mac、タブレットの3択で決まりです!         パソコン選び方についての記事はコチラ(現在執筆中) DTMに必要な機材その2 【オーディオ I/F】 I/Fと書いてインターフェイスと読みます。     元来人間の耳は1系統の音しか捉えることしかできないわけで、 どんなにコンピュータの性能が上がっても、 音に関するスペックアップの必要はありませんでした。 しかしDTMは同時に何系統もの音の数々を 色々なプラグインでリアルタイムに加工することも多く、 音に関しての処理作業が通常のPCと比べると桁違いに多くなり 音の処理に特化した専用の機材を導入しなければ、 まともな発音すらままならない事態となってしまうのです。         オーディオI/Fといっても数千円~数百万円もの価格の開きがありますが、 豊富なインプットやアウトプットがあったり、 MIDI I/Fまで付いていたり、 コンデンサマイクのプリアンプとして機能したり、 ミキサー一体型であったり、 音の処理以外にも色々な便利機能がついているものが殆どです!     自分の音楽制作のスタイルと予算の2つの側面から、 最も合うものを導き出しましょう!     オーディオ I/Fの選び方についての記事はコチラ(現在執筆中) DTMに必要な機材その3 【DAW】 DAWと書いてダウとかディーエーダブリューとか読みます。     別名シーケンサーソフトとも呼ばれ、 DTMをしているシーンでPCの画面に映ってるソフトはこいつです。 オーディオI/Fを買うとオマケでくっついてくる0円のものから、 100万円以上するプロユースのものまで様々です。     それぞれのDAWに特徴は存在するものの、 現在では出来ることに大差はないと言っても過言ではなく、 どれを選択するかよりもいかに慣れるかが最重要であります。         近年ではプログラマの引き抜き合いや、買収合戦、 主要メンバーが独立して新DAWをリリースするなどの動きが活発しており、 他の業界と同じように盛者必衰であることは然るべしです。 特に過度に1つのDAWを崇拝し他を貶すような人間は 東京DTM作曲音楽学校で定めるところの音楽的思考停止状態であり、 初心者の方にとって害悪でしかないので距離を置くべきでしょう。   東京DTM作曲音楽学校の生徒であったり、 プロや高いレベルでDTMや作曲がしたい人であれば、 バンドル品の0円DAWでは機能的には厳しいことが多く、 やはりしっかりお金を払って上位機種を買うことをお勧め致します。     DAWの選び方についての記事はコチラ(現在執筆中) DTMに必要な機材その4 【モニタスピーカ or モニタヘッドフォン】 ただのスピーカやヘッドフォンではありません! リスニング用ではなくモニタリング用に開発された専用の機材です。     主にトラックメイキングやミックス時に 定位や位相や周波数が原音に忠実に再生されることで、 より細かく繊細な音作りが可能となり、 それらを高い解像度豊でモニタリングするために必要となります。   ...

DTM授業_初心者 WEB授業

【WEB授業】DTM初心者必見!DTMを始める上で必要な5つの機材!

DTM初心者必見!DTMを始める上で必要な5つの機材! 先に結論から書いてしまいましょう!   ・パソコン ・オーディオ I/F ・DAW ・モニタスピーカ or モニタヘッドフォン ・MIDIキーボード   の5つになります! それでは1つずつ解説していきましょう! DTMに必要な機材その1 【パソコン】 特に言う必要もないんですが一応(笑) これまではWindowsかMacかの2択でしたが、 近年タブレット環境下でのDTM機材の充実度は、 最早無視できないレベルまでの水準に達しました。 2014年のDTMパソコンはWindows、Mac、タブレットの3択で決まりです!         パソコン選び方についての記事はコチラ(現在執筆中) DTMに必要な機材その2 【オーディオ I/F】 I/Fと書いてインターフェイスと読みます。     元来人間の耳は1系統の音しか捉えることしかできないわけで、 どんなにコンピュータの性能が上がっても、 音に関するスペックアップの必要はありませんでした。 しかしDTMは同時に何系統もの音の数々を 色々なプラグインでリアルタイムに加工することも多く、 音に関しての処理作業が通常のPCと比べると桁違いに多くなり 音の処理に特化した専用の機材を導入しなければ、 まともな発音すらままならない事態となってしまうのです。         オーディオI/Fといっても数千円~数百万円もの価格の開きがありますが、 豊富なインプットやアウトプットがあったり、 MIDI I/Fまで付いていたり、 コンデンサマイクのプリアンプとして機能したり、 ミキサー一体型であったり、 音の処理以外にも色々な便利機能がついているものが殆どです!     自分の音楽制作のスタイルと予算の2つの側面から、 最も合うものを導き出しましょう!     オーディオ I/Fの選び方についての記事はコチラ(現在執筆中) DTMに必要な機材その3 【DAW】 DAWと書いてダウとかディーエーダブリューとか読みます。     別名シーケンサーソフトとも呼ばれ、 DTMをしているシーンでPCの画面に映ってるソフトはこいつです。 オーディオI/Fを買うとオマケでくっついてくる0円のものから、 100万円以上するプロユースのものまで様々です。     それぞれのDAWに特徴は存在するものの、 現在では出来ることに大差はないと言っても過言ではなく、 どれを選択するかよりもいかに慣れるかが最重要であります。         近年ではプログラマの引き抜き合いや、買収合戦、 主要メンバーが独立して新DAWをリリースするなどの動きが活発しており、 他の業界と同じように盛者必衰であることは然るべしです。 特に過度に1つのDAWを崇拝し他を貶すような人間は 東京DTM作曲音楽学校で定めるところの音楽的思考停止状態であり、 初心者の方にとって害悪でしかないので距離を置くべきでしょう。   東京DTM作曲音楽学校の生徒であったり、 プロや高いレベルでDTMや作曲がしたい人であれば、 バンドル品の0円DAWでは機能的には厳しいことが多く、 やはりしっかりお金を払って上位機種を買うことをお勧め致します。     DAWの選び方についての記事はコチラ(現在執筆中) DTMに必要な機材その4 【モニタスピーカ or モニタヘッドフォン】 ただのスピーカやヘッドフォンではありません! リスニング用ではなくモニタリング用に開発された専用の機材です。     主にトラックメイキングやミックス時に 定位や位相や周波数が原音に忠実に再生されることで、 より細かく繊細な音作りが可能となり、 それらを高い解像度豊でモニタリングするために必要となります。   ...

校長BLOG

2013年もお世話になりました!

    2013年最後のパーティーに参加してきました! 経営者の友人が年に数回開催する1500人以上集まる高級ホテルでのパーティー! 画像の東京駅隣接のホテル27Fで今回も物凄くセレブな雰囲気。 私は極少数枠しかない特別待遇でご招待して頂きました^^     共通の友人も多々参加しており、 普段中々会えない友人数十人とまとめて会えるので良い機会ですね!     これ実はとっても大事なことで、 友人知人がある一定量を超えると物理的に全員と会うことは不可能になります。 つまり自ずと関係が切れてしまうわけですね。 そんなことは単純にとても悲しいですし、 音楽家として生きていく上で友人知人の数が減るのはとても大きな痛手であります。         そんな時には新旧の友人知人がまとめて一堂に会する イベントやパーティーを開催するしか彼らとの生の繋がりを維持する手段はないのです! 更には友達が友達を呼んでくれ更に新しい出会いも沢山生まれますしね! 私は生憎パーティーを主催するのがあまり得意ではないので、 こうして誰かのパーティーやイベントに自分の会いたい人を誘ってしまう戦法を取っています(笑)     こうして限られた時間を最大限有効に活用し、 基本家に引き篭もってDTMばかりしている作曲家でも 広大な人脈を形成しそれを維持していくことが可能になるんですね!

Copyright © 東京DTM作曲音楽学校 All rights reserved.