数々の卒業生実績が証明する、プロで通用する技術が最速で身に付くDTM・作曲スクール。【公式|東京DTM作曲音楽学校】

入学説明会日程

模擬授業」と「楽曲指導」がメインの
参加するだけでスキルアップする名物入学説明会!

 

学校開催!7/16(土)13時〜16時|残席少

学校開催!7/16(土)17時〜20時|残席少

オンライン!7/17(日)14時〜18時|残席有

 

詳しくはこちら

作曲 専門学校

DTM学校 ニュース・お知らせ

【学校通信】説明会参加者全員が終電を逃したので皆で朝まで飲みに行きました!

  東京DTM作曲音楽学校 第2期生入学説明会も第3回目を数え、 今回も参加者の皆さんの熱気はとても高く、 後藤先生の楽曲ディレクションでは特に長い時間盛り上がりましたが、 その後の特別授業においても皆さんの前のめりな姿勢は勢いを衰えず、 気付くと全員が終電を逃してしまうという熱気に包まれた説明会となりました。       結局深夜3時頃までじっくり腰を据えて授業をしてから、 皆で朝まで居酒屋に行き飲み明かすという、 本当に専門学校の入学説明会かというような、 前代未聞の結末となったのでした!     これも現役の音楽家と音楽業界人だけで組織された学校ならでは!       非音楽家が経営を務める他の音楽の専門学校では、 こんなノリ一発だけの行為は首になってもおかしくありませんが、 こうしたノリこそ音楽家として最も重要なことの1つであるという、 校長の体の張った教え方や教育理念なのであります。 実戦で通用する音楽家の育成に全力を挙げることこそ、 東京DTM作曲音楽学校の使命です!       さて、そんな白熱の入学説明会も残り2回となりました! 3/25(火)19時~ 3/29(土)19時~ 自作曲やDTMや作曲のお悩み何でもお待ちしております!    

DTM学校 ニュース・お知らせ 校長BLOG

「至上最強のストリングスアレンジ講座」の打ち合わせをしてきました!

  東京DTM作曲音楽学校の目玉の1つでもある、 至上最強のストリングスアレンジ講座のプロデューサーを務める、 向井航先生とストリングスアレンジ講座についていよいよ具体的な打ち合わせをしました!       授業は2日間を要し第1回目の授業では、 向井先生が色々な楽曲を例に様々なストリングスの奏法を実演、 そしてそれを実際プレイヤーに演奏してもらうための記譜法なども併せて学び、 生徒のソフトシンセで打ち込んだデモ音源をアレンジ指導を校長と向井先生で行います。 第2回目の授業は第1回目の指導をもとに生徒達が楽曲を完成させ、 それをプロオーケストラ等で活躍する演奏家達に実演して頂きます。       既に色々な音楽家やレコード会社の方達から、 どうにかしてストリングス講座だけ受講できないかと打診されていますが、 今後東京DTM作曲音楽学校にて企画をご一緒させて頂ける方であれば 視察を受け入れようか検討中ですので、 直接私とお知り合いではない方でも現役でご活躍中の方でありましたらご連絡ください! メディアの取材も受け付けるつもりでいます。       打ち合わせではどういう楽曲を例に取り上げるか、 スケジュールはいつにするかなどを中心に話し合われましたが、 健康ヘルシー志向な我々は、     当然この世で最もカロリーが低そうなものだけを食したわけです!(謎) (某焼肉ポータルサイトでも殿堂入りの名店・・・)       3/14、15は新日本フィルハーモニー交響楽団の定期公演にて、 向井先生が出演しますのでお邪魔させて頂く予定です!       ストリングスに関するソフト音源が充実しDTMだけで作品が作れるようになって久しいですが、 DTMや打ち込みでのストリングスアレンジと本物のストリングスサウンドとの違いを知るためにも、 色々なプロオーケストラで活躍する向井先生から生ストリングスに関する様々なことを学びましょう!      

DTM学校 ニュース・お知らせ

【学校通信】特別公開作曲講座が開催されました!

  1期生内だけで採用者が決定するメジャーアーティスト絡みの作曲仕事をサポートすべく、 複数ある発注曲の1つを校長が公開作曲するという超実戦的な特別授業が開催されました!       意外にも生徒達が最も不足していると思われるスキルは、 作曲やDTMの能力よりもクライアントのオーダーを的確に解釈する能力であり、 授業ではいきなり作曲を始めるのではなく クライアントのオーダーをどう読み解くかというところからスタート。 仕事経験があまりないレッスンプロでは憶測や伝聞だけでの解説になってしまいますが、 この辺を授業化できることも現役の作曲家だけで組織された東京DTM作曲音楽学校ならではの特徴!       楽曲オーダーの読み解き方を経ていよいよDTMを駆使した実際の作曲作業へ! 授業では中々触れることのできないDTMの機能や、 実際の曲中でのトラックメイキングの基礎概念や、 EQの「整える」使い方、 センドやグループチャンネルの効果的な使い方、 何よりマクロやキーコマンドを改造しDAW操作のスピードを爆速仕様にしてある点など、 実際の校長の作業を目の当たりにし生徒達と活発な質疑応答のやり取りが続きました。       ものの数時間でオーダーに近い楽曲が完成し無事終了!     終了後は自作PC好きな生徒が校長作PCのマザーボードの入れ替えに付き合ってくれ、 無事換装できたところでこの日は解散。       ということで来週は通常授業ですが、 実際の作曲仕事、最短でプロスキルを得られる沢山の作曲課題を 同時にこなす生徒諸氏に大きなエールを送らざるを得ない今日この頃です!       東京DTM作曲音楽学校 事務局

DTM学校 ニュース・お知らせ 校長BLOG

1期生に発注された作曲仕事に関する特別授業を開催します!

  開校25日で獲得してきた1期生だけで決定する作曲仕事(記事はコチラ)! 生徒達はまだまだ習熟中の身ということもありますが、 DTMや作曲等の楽曲制作スキル以前に クライアントのオーダーを読み解く能力がまだまだ足りないということが浮き彫りになってきました。       例えどんな凄い作曲能力があろうが制作する楽曲の方向性を間違えてしまえば、 クライアントからすればただの没曲に変わりありませんし、 方向性を見誤っている限り採用から程遠くなることは明らかです。       ということでクライアントさんからのオーダーをどう読み解くべきか、 そしてそれを実際の楽曲としてどう組み立てていくべきなのかを、 私が実際に生徒の目の前で公開作曲するという特別企画を敢行することとなりました。 実際他人が仕事として作曲作業をしているシーンを見ることはとても勉強になりますし、 偉大な諸先輩方の作業を間近で沢山拝見させてもらってきた経験を思う存分活かしたいと思います!

Copyright © 東京DTM作曲音楽学校 All rights reserved.