数々の卒業生実績が証明する、プロで通用する技術が最速で身に付くDTM・作曲スクール。【公式|東京DTM作曲音楽学校】

入学説明会日程

模擬授業」と「楽曲指導」がメインの
参加するだけでスキルアップする名物入学説明会!

 

学校開催!7/16(土)13時〜16時|残席少

学校開催!7/16(土)17時〜20時|残席少

オンライン!7/17(日)14時〜18時|残席有

 

詳しくはこちら

DTM スクール

Cubase講座 DTM学校 WEB授業

【DTM初心者/Cubase講座】発音やMIDIキーボードの遅れを直す方法

  今回のDTM初心者/Cubase講座は、 Cubaseを上での発音やMIDIキーボードの遅れを直す方法です! DTM初心者/Cubase講座 「発音やMIDIキーボードの遅れを直す方法」解説 CubaseにてASIOドライバ等を適切に設定をしているのに、 MIDIキーボードを弾いても音が遅れて発音するのは、 殆どの場合バッファの設定が原因です! ということで解決方法いってみましょう!(本解説にはCubase7.5を使用しております)       Step:1 ・まず上段メニューからデバイス(1)を選択 ・次にデバイス設定(2)を選択       Step:2 ・デバイス設定の中からVSTオーディオシステム下段オーディオシステム(1)を選択 ・次に右画面のコントロールパネル(2)をクリック       Step 3: ・バッファサイズを変更します。(バッファを変更するとStep2のレイテンシー(3)が変わります。値を少なくするほど、遅れはなくなりますがPCにかかる負担は高くなります、お使いのPCに合わせて変えてみてください) ・Step2のレイテンシー(3)の数値が変わらない場合はStep2のリセット(4)を押してみてください。       ということで最近はあまり聞かなくなってきたトラブルではありますが、 1万円以下の安いオーディオI/Fなんかを使っていると、 時たま起こるようですので音が遅れてお悩みの方は1度お試しあれ! DTM初心者/Cubase講座 質問募集中! CubaseやDTMに関する質問なんでも大募集です! info@tokyodtm.comまでメールをお待ちしております!  

DTM作曲TIPS DTM学校 WEB授業

DTM上級者でさえ悩む!イメージ通りの音でレコーディングするたった1つの方法!

  DAWソフトの扱いはかなりのレベルになってきた、 DTM雑誌を定期購読しDTM機材の知識もかなり増えてきた、 作曲活動もそこそこ軌道に乗り出し多分DTM上級者と言えると思う、 こんな人達でさえ楽曲制作で大いに悩むこと、それは、 「イメージ通りの音にならない」ことではないでしょうか。       何故イメージ通りのサウンドで録音やトラックメイキングできないのか、 それには大きく分けて2つの理由があります。 1つ目は腕の問題。 2つ目は機材の問題です。       1つ目の問題点は当たり前と言えば当たり前ですが、 2つ目の問題点の本当の意味を気付いてる人はあまりいません。 「いや高い機材使えば良い音するくらいは知ってるよ!」 と突っ込まれるかもしれませんが、 そうした事実を知識として知っていても何の意味もなく、 高い機材を使ってサウンドや楽曲がどう変化していくのかを身を以って体験しなければ、 機材による音質の違いを本当の意味で理解できないのです。     DTM雑誌には色々なプラグインや設定方法が書いてありますが、 録り音で最も重要なことはマイクとマイクプリであることは明らかで、 これらがショボいといくらプラグインをこねくり回しても絶対に良い音になりません。 逆に言うと録り音が良ければプラグインなど殆ど必要ないとも言えます。       ということであーだこーだ悩んでるくらいなら、 1度ちゃんとしたレコーディングスタジオのレコーディングを体験してみよう!! ということです。 もちろんお金も結構掛かりますが、 それ以上にエンジニアさんも含め全てが最高級の機材を経て録音した録り音は、 恐らくCDで聞いたりあなたがイメージする音に最も近い状態となっているはずです。       こうした経験はとても重要で、 手持ちの機材の限界を知ることにも繋がり、 今まであーだこーだこねくり回していた作業がなくなることを意味します。 その機材の限界値を超えたサウンドを求めようがないですからね。       反対に素晴らしいレコーディングスタジオでレコーディングしても大して音が変わらなかった場合、 それは機材を使いこなすあなたの腕にに問題があるということがわかるわけです。 ただし楽器や歌をレコーディングした場合はほぼ100%素晴らしく良い音で録音できますので、 数万円のマイクやオーディオI/Fの音とは比べ物にならないことでしょう。 違いがわからない可能性があるのはトラックメイキングしたサウンドですね。 こちらの話はまた別の機会にするとして、 レコーディングスタジオ童貞を卒業することは あなたの音楽制作をとても豊かなものにしてくれることでしょう!       ちなみに、東京DTM作曲音楽学校では、 レコーディングスタジオの中でも国内屈指の大規模なスタジオに2回行き、 学校内にてプロと同じ機材(ノイマンU87Ai、NEVE1073)を使ったレコーディング実習が 授業に組み込まれており、 こうしたジレンマから逸脱するための企画が満載です!  

DTM学校 校長BLOG

相変わらず仕事(飲み歩き)にまい進中!

ようやく梅雨も明けましたね。 打ち合わせが夜まで続くとどうしてもそのまま飲みへと流れ、 今年の夏も例年に劣らず多量のアルコール摂取となりそうです。笑       この日は著名なアーティストを沢山担当されてきた 異なるレコード会社の方達と雑多な感じで飲んでいて、 それはそれは楽しい夜でありました。 東京DTM作曲音楽学校への強力なサポートのお話や 卒業生フォローが更に充実しそうな具体的ビジョンが 見えてくるような話の数々で 更にやる気スイッチに火がつきました!       場所が新宿だったこともありハシゴする際に久々に顔を出してきました。 ブログでも何度か登場しているFrom Dusk Till Dawnへ。     もう亡くなってから2ヶ月も経ってしまったんですね。 お店のオーナーでもあり日本が誇る伝説のスラッシュメタルバンドUNITEDのベーシスト、横さん。 その気さくな人柄で日本のみならず世界中のバンドマンの兄貴でした。 たまたま近くにいたのでふらっと立ち寄った数日後に急逝の知らせ。 まだあまり実感がないのが正直なところ。         チッタでの横さん追悼イベントは出演人が凄いことになるみたいですね。 それにお店も新体制で今後も続けていくそうです! 横さんイズムは永遠に不滅!  

DTM学校 ライブ観戦 校長BLOG

ライブ観戦:Jose James 2014/7/27 @ブルーノート東京

  去年に引き続き今年もアルバムをリリースしたJose Jamesの日本公演。       アーバンなジャズを土台とするもののトラックメイキング主体の曲も豊富だったため、 ライブでプレイするとなると一体どうなるんだろうという好奇心が観戦の理由。       セットはわりと普通のバンドスタイルでしたが、 ベーシストが面前にMoogをセットしていたり、 キーボーディストがRhodesの上にプロフェット08をセットしていたりと、 トラックメイキングへの再現性への拘りも随所に見えました。       とはいえやはり最も難しいであろうことは、 極端なまでにレイドバックして制作されたビートの再現。 これを難なくクリアするドラマー! どころかしっかりグルーヴを乗りこなしており、 鳥肌もののリズムを聞かせてくれたのでした。       バンドメンバーはまだまだ若かったこともあり、 不器用な場面も随所に見られましたが 潜在力という点では今後にとても期待できる内容でした。  

Cubase講座 DTM学校 DTM授業_初心者 WEB授業

【DTM初心者/Cubase講座】Cubase7.5新機能「トラックバージョンの追加」とは!?

今回のDTM初心者/Cubase講座は、 Cubase7.5から搭載された新機能「トラックバージョンの追加」について解説します! DTM初心者/Cubase講座 「トラックバージョンの追加」の機能解説 例えばアコギやボーカルをレコーディングしていて、 弾き方や歌い回しについて2通りアイディアが出てきてしまった場合、 通常であればDAW上に2トラック作成しミュート等を使いテイクセレクトをしますが、 今回新たにCubase7.5に搭載された「トラックバージョンの追加」機能を使えば、 複数のテイクを1トラックだけで管理できテイクチェックやテイクの切り替えもスムーズに行える という非常に便利な機能なんです! DTM初心者/Cubase講座 「トラックバージョンの追加」の使い方 Step1: 下段画像の赤枠にマウスを持っていくと、トラック名の右に逆三角のマークが現れます。 ここをクリックするとトラックの別バージョンメニューが現れます。       Step2: 下段画像(1)新規バージョンを押すと別テイクのレーンが現れ新規テイクのレコーディングが可能になります。 下段画像(2)より上段に現れるメニューでテイクセレクトが行えます。       こうして異なるテイクを瞬時に切り替えてテイクセレクトの精度を上げたり、 煩雑になりがちな作業画面の整理整頓にも繋がり、 より快適な楽曲制作が可能となります! DTM初心者/Cubase講座 質問募集中! 他にもCubase7.5には便利な機能が沢山追加されていますので、 これからも解説していきたいと思います! その他Cubaseの操作やDTM全般に関する質問も大歓迎です!  

DTM学校 DTM授業_初心者 WEB授業

【実録!DTM機材カウンセリング VOL.001】受験とDTMを両立したいバンドマン高校3年生!

  今回のDTM機材カウンセリングはロックバンドでギターボーカルを務める高校3年生! 将来は絶対に音楽の道に進むという強い意志がありつつも、 カウンセラーとして悩める若者を救っていくという夢を叶えるために大学進学を控える志し高い若者です! しかし受験生ならではのハードルも色々とあり一筋縄ではいかない様子。 それではカウンセリングいってみましょう! 相談者スペックと相談内容 【相談者スペック】 年齢:17歳(高校三年生) 音楽歴:バンドでギターボーカルを2年 DTM歴:なし 予算:出来るだけ安く        【相談内容】 バンド用の楽曲制作のためにDTMを導入したいが、常に家族がいるリビングにしかPCがなく、受験生という立場上大々的にPCを使うことができず受験が終わるまで我慢しなければいけない状態だが、曲のイメージは沢山湧いてくるので一刻でも早くDTMを使って形にしていきたい。 DTM機材カウンセリング開始! 今回のケースは色々と特殊! まずDTMの根幹たるPCが使えず、新規購入も受験後まで無理という絶望的状況。 そんな状況を上手く打破する方法を考えました。 それはPCがダメならタブレットを使うという方法! これなら自分の部屋でこっそりDTMができてしまいます。 DTM系アプリが最も充実しているタブレットといえばiPadで決まりですね!       しかしipadを買うにも親を納得させる購入理由が必要です。 そこで私はipadで使える無数にある勉強系アプリの存在を上手く理由にできないかと提案。 そして見事、受験勉強のために必要なんだと力説しiPadゲットに成功! (こっそりDTMがやりたい受験生のみんな、このページは親に教えちゃだめだ!)       そして彼はギターボーカルでもありますので、 ギターとボーカルは自分でレコーディングができる環境が必要です。 その点もipadであれば専用のオーディオI/Fが安価で充実しますので、 ギターもマイクをI/Fに直接接続でき、 iPadで稼動するアンプシミュレーターで入力されたギターサウンドにエフェクトを掛けたりできる IK Multimedia iRig PRO(フォン、XLR端子搭載、48Vファンタム電源供給可、9V電池駆動可)を勧めました。       【今回勧めたDTM機材】   PC:iPad mini 16G 29,000円 DAW:GarageBand for iPad 0円 オーディオI/F:iRig Pro 16,000円 ---------------------------------- 合計 45,000円 DTM機材購入~その後 無事2つの購入を果たした彼。 その後次々とデモ曲を制作しカウンセリングは大成功!     今後はライブも控えているようです! この調子で受験も音楽活動も両方成功することを願うばかりです! DTM機材カウンセリング希望者募集! これからDTMを始めたいがどんな機材を買えばいいのかわからない人から、 1ランク上のDTM環境構築を目指す上級者まで、 DTM機材カウンセリングをご希望の人はコチラまで! ※ブログ掲載されることがありますのでご了承頂ける方のみ応募ください

DTM学校 校長BLOG

ソニーミュージック本社にて打ち合わせ

  ソニーミュージック本社にお邪魔させて頂きました。 本社以外(ソニーさんは色んなところにオフィスがあります)だとちょいちょい行くんですが、 久しぶりの本社は相変わらずの出で立ちで毎回気持ちがパリっとなります(笑)     今回はいち作曲家として事務所のマネージャーさんと2人で、 いつもお世話になっているIさんと近況やこれからのことを色々お話させて頂きました。   当然東京DTM作曲音楽学校を立ち上げたことや、 卒業生のフォローに関する様々なこともお話させて頂きましたが、 私のような駆け出し作曲家の話に毎回しっかり耳を傾けて下さる Iさんのお人柄にはいつも本当に頭が下がります。       ということで社内で真面目(?)な話をした後は、     今シーズン最後になりそうな鍋で飲みに! Iさんとはクラシックロックの趣味が被るところが多く6、70年代の偉人や、 近年の音楽業界やコンペに纏わる貴重なお話も沢山聞くことができました。       最後はマネージャーさんと2人きりになったので、     ダメ押しの如く飲む飲む!(笑) 事務所スタッフとは連絡を取る頻度は高いものの、 こうしてゆっくり飲みながら会話する機会は実は稀だったりします。       ということで東京DTM作曲音楽学校 第2期生がいよいよ今週末よりスタート致します! 作曲家として、校長として、経営者として、より一層充実した日々を過ごし、 世の中に少しでも還元していくことができれば何よりです。    

Copyright © 東京DTM作曲音楽学校 All rights reserved.