数々の卒業生実績が証明する、プロで通用する技術が最速で身に付くDTM・作曲スクール。【公式|東京DTM作曲音楽学校】

入学説明会日程

模擬授業」と「楽曲指導」がメインの
参加するだけでスキルアップする名物入学説明会!

 

9/18(土)14時〜18時|残席有

10/23(土)14時〜18時|残席有

 

詳しくはこちら

【WEB授業】運転中の音楽家が聴力維持のために心掛けなければならない大事な1つのこと

131218_lifehack_drive

 

 

 

今回は作曲やDTMだけではなく楽器演奏者や歌手等で幅広く音楽を嗜んでいる方にも関係のあるお話です。

 

 

皆さんのなかで車を運転される方は結構いらっしゃることかと思いますが、春・秋の陽気な時期の日中は窓を開けて運転すると最高ですよね!

しかしそんな快適なドライブが実は音楽家にとっての生命線とも呼ぶべき聴力にダメージを蓄積し続け兼ねないことが今回のテーマです。

 

 

かつて所有していたボロ車のエアコンからある日突然熱風しか出てこなくなりました。

そろそろ梅雨入りしようかという6月中旬、まさかのクーラーの故障・・・。

もうすぐ車を買い換えようと思っていた矢先だったのでちょっとでもお金をケチるためエアコンは修理せずそのまま夏を乗り切る覚悟を決めました。

・・・この判断が全ての悲劇の始まりでした。

 

 

梅雨も明け7月後半になるとクーラーなしの窓を閉め切った車内は灼熱地獄です。30分くらいでリアルに死ねると思います。

となると飲料水を大量に持ち込み窓を全開で走るというスタイルしか私の選択肢はありません。

私はツアーで忙しいバンドマンでも大きなアンプを転がすギタリストでもなく、常にPCと楽器と機材に囲まれた自宅スタジオが定位置の作曲家ですし、外出するようなスタジオ仕事や打ち合わせは電車移動で事足りるのに、駐車場代が地方の家賃くらいするこの東京で無理をしてでも車を所有する理由といえば、趣味のサーフィンのために他ならないのでした。

 

 

サーフィンができる程波が立つ海といえば圧倒的に千葉・茨城の太平洋側なので移動は毎回高速道路となり、当然クーラーが壊れている私の車の窓は高速道路を移動中でも常に全開フルオープン。

その年の日焼けの要因はサーフィンよりも恐らく運転中に喰らった紫外線だろうというくらいの窓の開けっぷりを発揮します。

 

 

千葉 九十九里の海

 

 

最初は死ぬ!とか思っていたノンクーラードライブですが、慣れてくると案外イケてしまう。否、イケてしまうどころか窓から入ってくる風により汗が乾き体温が下がることを如実に実感でき人体って凄いな~なんて余裕すら出てくる程。

 

 

そんなドライブにも慣れてきた8月頃、ある異変が私の身体を襲います。

どうも楽曲のmixバランスが悪いと言われることが多くなり、右のギターだけ音量がでかくない?という具体的なご指摘まで頂く有様。

当の私からするといつも通り録音して左右のギターとも同じバランスでエフェクトしmixしTDしていたつもりだったのですが、モニタヘッドフォンを左右逆にして聞いてみたところ、明らかに右chのほうがギターの音がデカい!

ギターの音がでかいというより、右chにPANを振ったトラックの音量がことごとくデカい!

 

 

なんと右耳だけちょっとした難聴状態に陥ってしまったようで、やはり思い当たる節としては全開フルオープンで高速道路を運転する日々が真っ先に浮かび、よくよく思い返せば海に着いたばかりに右耳の耳抜けが悪かったり、キーンと耳鳴りがしていたり等のことが脳裏を駆け巡ります。

 

 

右ハンドルの日本車で窓を全開にすると当然右耳が外界と最も近くなり風の威力も強く、高速道路での走行速度だと常に大音量のホワイトノイズ且つ鼓膜に直接振動を与えるような風圧が掛かります。

これが耳にとって非常に良くなかったようで作曲、DTM、ミックス等々全ての楽曲制作の作業に悪影響を及ぼしたようでした。

 

 

風圧難聴(勝手に名付けました)発覚後、運転席側の窓だけ閉めそれまで通りのスタイルで運転を続けていましたが、聴力はすぐに回復!

無事普段通りのMIXバランスを取り戻すことができました!

何よりも恐ろしかったことは徐々に進行していたため自分では気付けなかったところにあるかもしれません。

 

 

陽気な日中の窓を開けた快適なドライブ、我々音楽家は末永い音楽活動と引き換えに手離さざるを得ないのかもしれませんね。

Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。

新着記事

BLOG DTM学校 事務局通信 学校通信

2021/9/7

【学校通信】7月度 入学説明会報告!

皆さんこんにちは、東京DTM作曲音楽学校 事務局です! 7月度入学説明会も無事開催! 今回も昨今の社会情勢を踏まえZOOMでのオンライン開催となりましたが、 今回も参加者皆様が大いに盛り上がり白熱した説明会となりました!   今回参加して下さった方々は、 長年クラシックピアノを継続し現在他校で作曲を習う方、 アイドル活動を経てアーティスト活動へシフトし多方面で活躍する方、 長年クラシック声楽を続けてこられた方などなど、 今回も本校の生徒を象徴するかのようなバラエティに富んだ面々。   ...

ReadMore

BLOG 事務局通信

2021/9/7

【学校通信】説明会盛り上がってます!8月新日程も決定!

皆さんこんにちは、東京DTM作曲音楽学校 事務局です。 先日リニューアル後第2回目となる入学説明会が今回もZOOMで開催されました!   今回も様々な音楽経験を持つ参加者の方達に恵まれた、とても熱意ある楽しい説明会となりました! サラリーマンをしつつも高いレベルで音楽活動を続ける方、 既にメジャーで多数の楽曲リリース歴を持つ現役バリバリのプロ作曲家の方、 10代とは思えない程の音楽歴が豊富な現役高校生の方まで、 まさに本校の生徒達を俯瞰したような方々が勢揃いとなった上に、 校長、TA陣2名も参加 ...

ReadMore

BLOG

2021/6/20

【学校通信】新体制オンライン説明会開催!入学者も続々!

  皆様、こんにちは。 東京DTM作曲音楽学校 事務局です。   先日、リニューアル後の初となる入学説明会が開催されました! 昨今の社会情勢を踏まえ、学校史上初となるオンラインのみで開催された入学説明会でしたが、 長年に渡ってプロ活動されている方、本校の再開を心待ちにしてくださっていた方など、多数の方々に参加していただき、 相変わらずとてつもないハイレベルな内容で、 予定時刻の3時間を大幅に超えて授業が盛り上がってしまいました!(いつものことなのですが)   圧巻だったのは、 ...

ReadMore

no image

BLOG おすすめ記事 校長BLOG

2021/7/6

【校長ブログ】久しぶりの校長ブログです!

皆さん、お久しぶりです! 東京DTM作曲音楽学校長donsukeです!   大分長い間お待たせしてしまいましたが、東京DTM作曲音楽学校は抜本的リニューアルを遂げました。 問い合わせを下さっていた沢山の方々、大変すみませんでした! 実は限られた人数の生徒を取って水面下では動いていたのですが、まあそれはよいとして。   一番変わったところとしては、レコーディングスタジオ実習以外は通学、対面形式の授業をやめてしまったことです。 対面でないからこそ、各種Webサービスを駆使することで、実はコ ...

ReadMore

BLOG DTM学校 おすすめ記事 事務局通信

2021/5/15

東京DTM作曲音楽学校 リニューアルしました!

大変長らくご無沙汰しておりました。   東京DTM作曲音楽学校は、これから訪れるどのような時代の変化にも対応できるよう、授業、コース、学校システム、Webサイト等、全てのリニューアルを敢行し、万全の態勢となって再始動致しましたことを皆さまにご報告申し上げます。 当該期間におきましては、次期開講に関するお問い合わせやご要望を日々沢山頂戴しており、本校で学びたいと希望する全ての方々のご期待に応えることができなかったことを、謹んでお詫び申し上げます。 特に強く入学を希望される方達には、プレ開校としいう ...

ReadMore

おすすめ記事

no image

BLOG おすすめ記事 校長BLOG

2021/7/6

【校長ブログ】久しぶりの校長ブログです!

皆さん、お久しぶりです! 東京DTM作曲音楽学校長donsukeです!   大分長い間お待たせしてしまいましたが、東京DTM作曲音楽学校は抜本的リニューアルを遂げました。 問い合わせを下さっていた沢山の方々、大変すみませんでした! 実は限られた人数の生徒を取って水面下では動いていたのですが、まあそれはよいとして。   一番変わったところとしては、レコーディングスタジオ実習以外は通学、対面形式の授業をやめてしまったことです。 対面でないからこそ、各種Webサービスを駆使することで、実はコ ...

ReadMore

BLOG DTM学校 おすすめ記事 事務局通信

2021/5/15

東京DTM作曲音楽学校 リニューアルしました!

大変長らくご無沙汰しておりました。   東京DTM作曲音楽学校は、これから訪れるどのような時代の変化にも対応できるよう、授業、コース、学校システム、Webサイト等、全てのリニューアルを敢行し、万全の態勢となって再始動致しましたことを皆さまにご報告申し上げます。 当該期間におきましては、次期開講に関するお問い合わせやご要望を日々沢山頂戴しており、本校で学びたいと希望する全ての方々のご期待に応えることができなかったことを、謹んでお詫び申し上げます。 特に強く入学を希望される方達には、プレ開校としいう ...

ReadMore

おすすめ記事 校長BLOG

2021/5/11

【校長ブログ】卒業生超大活躍時代突入!

またもやご無沙汰しております。 申し訳ない限りなのですが既報の通り2019年10月の募集は延期ということになりました。 私のほうはお陰様で誰もが知るあの方や、オリコン上位アイドルなど、 作曲やプロデュース仕事が山盛りある嬉しい悲鳴状態で、リリース解禁まで待ち遠しい日々です。 レコーディングエンジニアの渡辺講師やストリングス講座を担当する向井講師も、 超有名アーティストの担当などで電話するのもままならないような活躍ぶりで 在校生のフォロー、サポートを最優先するために今回は延期という決断をさせていただきました ...

ReadMore

DTM学校 WEB授業 おすすめ記事 レコーディング/ミックス/マスタリング

2021/5/15

【WEB授業】ミキシング向上を目標にするDTMerの9割が間違いである理由

今回のテーマは初心者~上級者までの殆どのDTMユーザーが一番悩んでいるであろう『自作曲の音のショボさはミキシングスキルが上がればカバーできるのか』という問題を掘り下げていこうと思います。 というのも東京DTM作曲音楽学校の入学説明会へ参加して下さる方のアンケートの殆どに「ミキシングスキルを向上させたい」という悩みが多々寄せられたためです。 が、タイトルにもある通り悩み自体がそもそも間違いなんですね、言い方を変えるならば音がショボくなる本当の理由を見抜ききれていないといったところでしょうか。 それではいって ...

ReadMore

WEB授業 おすすめ記事 音楽業界論

2021/5/15

【WEB授業】楽曲コンペとは? ~現役作曲家から見た楽曲コンペ~

楽曲コンペとは? 楽曲コンペとは・・・ 日本の音楽業界、特にJ-POPを中心とした歌モノのリリース楽曲を決める際に最も広く使われる手法で、レコード会社や音楽出版社がリリース内容に沿ったお題を作家事務所や作曲家に広く公募をかけ、作曲家達がそのお題に沿った内容で楽曲を制作し、集まった楽曲の中からリリース曲を決める音楽業界に古くから根付くシステム。   採用側はタダで数多くの楽曲を集めることができるので批判の対象となることも多いが、作曲家にとってはメリット・デメリットどちらも存在しつつも、プロの作曲家 ...

ReadMore

-WEB授業, 音楽的ライフハック
-, ,

Copyright © 東京DTM作曲音楽学校 All rights reserved.