他校との比較一覧表

hikaku01

授業料

東京DTM作曲音楽学校 6ヶ月間で499,980円 
専門学校 2年で2~300万円
音楽大学 4年で8~900万円
私塾・個人教室 低価格から高額なものまで様々

講師の質

東京DTM作曲音楽学校 現役で活躍するプロフェッショナルのみであり、加えて講義の質が圧倒的に高く、入学説明会にて数時間の授業を披露するほどの自信と完成度の高さを誇る
専門学校 実績の無いレッスンプロだったり、かつて著名だった講師が過去の手法だけを教える場合が見受けられ、少数の現役で活躍中の講師にコンスタントに授業やレッスンを受けられる生徒は極一部だったり、年間数回しか講義しない場合もある
音楽大学 講師や教授になるためには一定以上の学歴が必要で、在籍する教員全てが教育者として一定の水準に達しているとはいえず、相応しい人物が登用されないという構造的な大問題がある
私塾・個人教室 収入が減った現役プロが教育実績が皆無にもかかわらず集金の手段として開校する例が後を絶たず、入校前に授業内容や講義のクオリティを確認することができない

希望の講師

東京DTM作曲音楽学校 どの講師がどの授業を担当するか入校前に把握でき、入学説明会では授業のクオリティを体感してから安心して入校することができる
専門学校 割り当てられる講師は入学後に判明し、希望の講師の授業やレッスンを受けることは必ずしもできない
音楽大学 著名な教授や講師がいても1学年1~2人までしかレッスンを受けられず、入学前に受講の可否が判明しない
私塾・個人教室 非常に多岐に渡る現代の作曲要綱を1人の講師が担当することも多く、当然苦手分野の講義の質は非常に落ちることとなり、教育実績が皆無の場合は得意分野でさえ満足した講義を行えない

 開講日

東京DTM作曲音楽学校 土曜授業なので学生から社会人まで幅広い層が通える
専門学校 平日のため社会人は原則通えない
音楽大学 平日のため社会人は原則通えない
私塾・個人教室 平日から土日祝まで

講師の質

東京DTM作曲音楽学校 卒業後も各副科コースや個人レッスンが常時受講でき、コンペやオーディションや仕事の情報も豊富で、定期的な卒業生同士の集まりや情報交換も活発で、長い時間を掛けて目標を目指せる
専門学校 極一部の生徒が、講師との個人的な関係性の中で現場に呼ばれることもある
音楽大学 良くて就職率数%、0%のコースもめずらしくなく、就職課が全く機能していない
私塾・個人教室 講師の仕事を手伝わせてもらったりすることもある

生徒の質

東京DTM作曲音楽学校 高いレベルで作曲を志す仲間達に囲まれお互い刺激を与え合いつつ、皆目指す方向性も一様ではないので色々な情報も手に入り一生の繋がりができる
専門学校 上京目的で入校する生徒も多く、本気で目指す人達にとって良い環境とは言いづらく、基本的に高卒後の10代ばかりで社会人やある程度音楽経験がある人には向かない
音楽大学 一部の上位校以外では専門と同様上京目的での入校も多く、時間のない社会人には向かない
私塾・個人教室 個人レッスン主体の教室が多くライバルとして学びあったり情報共有する仲間ができず、音楽家にとって非常に重要な横の繋がりができない

関連記事

FAQ
Q҂̐@]@Ɛ̐
⍇
w菑o
ページ上部へ戻る