【生徒の声/動画】40代で作曲家デビュー!コンペ採用者にインタビュー!VOL1~この採用がきっかけで色んな仕事を頂くようになりました~

 

Q.年齢は?
40代です
Q.入学前に音楽の仕事をした経験は?
趣味でしておりましたが
対価を貰った形での仕事はしておりません
Q.作曲家以外に兼業している職業は?
自営業をやっておりますので
非常に忙しく毎日働いております。
Q.今でも作曲業と並行して続けている?
続けています
時間のやりくりを努力して
作曲のほうもちゃんとやれるように頑張っております
非常に忙しいですがやりがいがありますので満足しております
Q.採用されたコンペについて
とある市の市歌に採用されました
Q.コンペ参加人数は?
70名くらいだと聞いております
Q.採用の一報を聞いた感想は?
なんか 冗談かなと思ったくらい
Q.その後の活動状況は?
それがきっかけとなり
色んな仕事を頂くようになりました
毎日それで忙しくしております
幅が広がったように感じております
Q.初採用までに最も苦しんだことは?
作る音源の音が古い 今風じゃない そういう指摘がかなりありました
やはり職業作曲家としていくためには
今どんな音楽が流行っているのか
どういう音作りでトラックが制作されているのかという事を
絶えずアンテナを張って感じてなきゃいけないと思います
まさしく校長先生が仰られたことは
そのまま今の現場の声だったんだなと感じております
Q.プロの作曲家を目指す上で年齢は?
今環境が激変しておりますので
年齢に関係なくコンペに参加できるような環境さえあれば
自分の夢というか
作曲家になる夢を叶えられるような時代になったと思います
Q.学校はチャンスを作り出せている?
卒業生の会というのがありまして
同じ志を持つ仲間とその後も繋がりを保つ事ができます
それから学校のほうからコンペ情報を頂けるので
そのまま仕事に直結するような形になっていますので非常に心強いです
Q.本校に入学を決めた理由は?
校長先生をはじめ講師の方が
現役で業界の中で活躍されているというのを見まして
これは将来に直結するんじゃないかと思ってこの学校を選びました
Q.仕事をする上で役に立った授業は?
やはり現場の生の声が聞けるというのが一番大きかったと思います
コンペ実習をやってコンペの選ばれ方
実際のコンペと同じような体験ができたのが非常によかったと思います
デモの段階でもクオリティ的に言うと
CDに近いものを作っていかなければ
今の時代通らないというのは凄く勉強になりました

関連記事

FAQ
Q҂̐@]@Ɛ̐
⍇
w菑o
ページ上部へ戻る