【音楽ニュース】自作ボカロ曲が手軽にiTunesやSpotifyで世界配信可能に!

131227_news_vocalo
 

遂に自分で作曲したボカロ曲が手軽に世界中で販売できるようになった!

ボーカロイドでDTMや作曲をする人には非常に喜ばしいニュースです!

 

 

なんとボーカロイドで制作した楽曲が

個人でも簡単にiTunes StoreやSpotifyを通じて

世界111カ国で販売できるようになりました!

参考記事:ガジェット通信

 

 

これまでボーカロイドを使用した楽曲を販売するには

各メーカーから個別に許諾を取る必用があり、

事務所や音楽出版社等の後ろ盾がないクリエイターには成す術が無く、

結果的に動画サイト界隈で非商用利用する個人活動が盛んになったことから、

ただのムーブメントを超えて一つの文化にまで発展することとなりましたが、

ついにボカロP達の新たな活躍の場がまた一つ出来ることとなりました。

 

 

これらを可能にしたカラクリは

各配信サイトへのディストリビューターであるTUNECORE Japanが

ボーカロイドをリリースする各メーカーと包括契約を行い、

商用利用に関する許諾を一手に担うことで実現したそうです。

つまり面倒な交渉事は必要なく所定の手続きを踏めば

自分が制作したボカロ曲をすぐに世界中で販売することができるということです!

 

 

現状全てのボカロキャラクターに適応されるわけではないそうで、

 

 Lily、MAYU、GUMI、IA、がくぽっいど、蒼姫ラピス、CUL、歌愛ユキ、結月ゆかり、氷山キヨテル、猫村いろは、SF-A2 開発コード miki

 

の全部で12キャラとのこと。

残念ながら初音ミクは入っていません。

 

 

音楽の世界は益々作り手と聞き手が直接繋がる時代に向かっています。

かと言ってまだまだ色々な人の手がなくては

それを欲するユーザーの手元に届ききらないということもまた事実であり、

旧来型の音楽業界的な宣伝システムも未だなくてはならい現状もあります。

 

 

どちらかのほうが優れているとか劣っているとかいう不毛な話になりがちですが、

そうした発想は我々作曲家側は排除すべきで、

これからの作曲家やクリエイターは新旧2通りの楽曲発信の方法を手にしたと考えるべきであり、

場面や案件によってどちらか好きな方を選択していけばいいだけなのです!

 

 

こうした動きは作曲家やリスナーからすればとても歓迎すべきことで、

ボカロだけでなく全てのDTMや作曲をするユーザーが

自由自在に発信できる時代がすぐ近くまでやってきていることは、

間違いないと言えるでしょう!

 

 

生涯を通して現役の音楽家で在り続ける為には、

こうした最先端の情報や技術を常にインプットし続け、

更に新しいものを生み出す原動力にしなければならないのです!

年齢に関係なく新しいインプットを怠った音楽家は

その時点で思考停止が始まり音楽的な死を意味します。

決してインプットを怠ることなく死ぬまで音楽家で在り続けましょう!



関連記事

FAQ
Q҂̐@]@Ɛ̐
⍇
w菑o
ページ上部へ戻る